創業時は「まず税理士」

イラストを専門にビジネスを行う株式会社サーチフィールドの代表取締役・小林琢磨さんは、創業から2年間、税理士を雇わず、経理から総務に至るまで全て自分で行っていたと言います。
特に、ベンチャー企業のCEOに多い特徴だそうですが、今は、そのことをとても後悔しているんだとか。
というのも、3年目にして税理士を雇ったことで、それまで全く知らなかった節税や助成金などの措置がわかり、実際に支払うお金よりメリットの方が大きかったからだということです。
小林さんの会社で、現在の顧問税理士としてのパートナーは、いぶき総合会計事務所だそうです。
小林さん曰く「社会労務士や弁護士はある程度軌道に乗ってから雇ってもいいが、税理士は会社の設立と同時に必要だ」だそうです。
「社長が経理から人事、総務、営業までやるのは、時間の無駄だ」とも。
“餅は餅屋”、その道のプロに任せるのが一番だということですね。
小林さんは、「お金がない」という理由で、税理士を入れないのは逆効果だと言います。
営業社員を入れるより「まず税理士」と、税理士の重要性を説いています。

リラックスするための香り!注意点も

医療機関の受診が苦手な人は、以外と多いですよね。
なかには、近しい人のお見舞に行くのでさえ怖い、という人もいるかもしれませんね。
そのような人にとって、歯医者の敷居はとてつもなく高いものです。
かくいう私もそのひとり。
とにかく、理屈ではないのです。
悪気がなくても「小さい子でも頑張っているのだから!」と言われたら、完全に心が折れてしまいます。
このような背景もあり、歯医者への苦手意識をなくすることは、歯医者側にとっても大きな課題になります。
やはり、建物の見た目も大事ですから、親しみやすい外観を意識するほか、くつろぎやすい内装を心掛けたいですよね。
また、リラックスした空間を演出するためには、心地よい香りを用意することも必要ではないでしょうか。
香りを選ぶときは、アルファ波が出やすいことを意識しましょう。
ただし、量が多すぎるとキツく感じるかもしれません。
ちなみに、私が通っていた歯医者の香りがすごくキツかったため、その香りがするアイスクリームが食べられなくなってしまいました。
ずっと同じ場所にいると香りに慣れてしまうだけに、患者に配慮することが大事だと思います。

相続税の非課税財産とは?

相続税には課税の対象になる財産、ならない財産があるそうです。
土地や建物、現金や株券などは課税の対象になるのは明らかですが、相続税の非課税財産に該当する財産にはどんなものがあるのでしょうか?
ネットでカンタンに調べてみたところ、次のような非課税資産の例がありました。
相続税の非課税資産の代表的な例としては、お墓や墓石、仏壇、香典など祭祀関係の財産や、国や公共団体などに寄付をした財産、死亡退職金(500万円×法定相続人の数)、生命保険金(500万円×法定相続人の数)などが該当するそうです。
ちなみに相続税の納税については、申告期限10か月以内に現金一括払いで納税することになるそうです。
以前は相続税を物納や延納することができたらしいのですが、今では物納や延納は認められなくなっているそうです。
もし不動産の評価が高くても現金が少ない相続の場合は、相続税の納税をするための資金を工面するのが大変になってしまうでしょう。
相続の準備のためにもまずはどこにどんな財産があるのか、相続の前段階で調査しておくことも大切かもしれませんね。

美容院にとって迷惑な洋服とは

寒~い冬に欠かせない洋服と言ったらタートルネックですが、私はちょっと苦手です。
寒い時にはいいのですが、お店に入ったりして暑くなると苦しくなってしまうので、私はタートルネックではなく、マフラーなどで調節しています。
更年期のせいもあるのかもしれませんが、突然暑くなることもあるので、タートルネックはちょっと辛い時があります。
私はタートルネックが苦手なので問題はありませんが、タートルネック好きだと美容師さんに嫌われるかも。
嫌われるというのはおおげさですが、タートルネックは美容院に着ていくべきではない服なのです。
タートルネックは首にフィットしているので、美容院では作業しにくい上に保護しにくいのです。
しかも汚れもつきやすいので、たとえオフタートルであっても首回りのボリュームがあるので、着て行かない方がいいでしょう。
色が黒のように濃い色なら汚れは目立たないと思ってしまいますが、色の薄い・濃いにかかわらず、作業がしにくいので美容院にはNGの洋服です。
美容師さんはプロなのでタートルネックを着て行っても何も言いませんが、実は迷惑と思われている服装の1つになっています。

松山・税理士で探すなら「税理士法人やよい」

会社を経営するためには、会社の経営状態について、いろいろな角度から把握する必要があります。
そのためには、経理に詳しいことはもちろん、税金関係の専門知識なども不可欠ではないでしょうか。
自分や家族、従業員に専門知識を持つ人がいるのが理想的です。
しかし、そのような環境が整いにくい場合は、専門家に依頼することを考えましょう。
法人の場合は、決算後2カ月以内に決算申告をする必要があります。
そのための書類作成、さらに、それの基礎となる日常の経理をスムーズに行なうことは、いうまでもありません。
しかし、税務申告をして終わり!では、さらなる発展が期待できないかもしれませんね。
松山の税理士法人やよいでは、経営者が抱えるあらゆる課題へのサポートを手掛けています。
その評判は大きく、金融機関から勧められた利用者がいることなどでも、納得できるのではないでしょうか。
なお、税務申告が必要なのは個人事業主の場合も同じです。
そのため、個人事業主からの相談も受け付けています。
ちなみに、個人事業主の場合は、1年間(1月1日~12月31日)の取引分が確定申告の対象になります。

留学は若いときだけ?友人の子どもの体験から

年齢を重ねるにともない、いろいろな人との出会いや別れを経験する機会が増えてきます。
また、知り合う年齢層も広くなるだけでなく、その人を通じて、さらに交友関係が拡大することも期待できるでしょう。
そんななか、若い人から学ぶことも多いですよね。
ある友人の子ども・A子さんは、海外留学の経験を活かし、新たな舞台へ飛び出しました。
彼女いわく「若いうちにいろいろと経験したいから」です。
その彼女自身、一昔前なら、けっして若くない年代に達しています。
しかし、それを感じさせないパワーがあるのですよね。
このような傾向は、熟年世代の人から感じることも少なくありません。
それ以前に、「熟年世代」の捉え方には諸説があるため、対象年齢も個々によって異なることが考えられます。
仕事に一区切りを付けてから、海外留学する方法もあります。
自分が留学するのではなく、留学生を受け入れるホストファミリーになるのもよいかもしれません。
このように、留学への考え方や行動には、いろいろな可能性があると言えるでしょう。
また、世界に羽ばたくには、既成概念を打ち破ることが大切ではないでしょうか。

税理士試験に合格するためにはどれくらいの時間が必要?

税理士試験を何度受けても、不合格になってしまうという方もいるでしょう。
確かに合格率は15%を下回っているため、何度も受験しているという方が多いはずです。
中には何年も不合格になってしまっているという方もいるほど、税理士試験は難しい試験として知られています。

では税理士試験に受かるためには、どれほどの期間にわたって勉強をしなければいけないのでしょうか?
まず税理士の難易度について調べてみましょう。
税理士よりも難しい試験としては、弁護士と公認会計士という仕事があります。
この2つの資格についてご存知ないという方はいないでしょう。

どちらの資格も取得難度Sクラスのものですが、税理士の資格はこの2つの資格に次ぐものと言われています。

他の資格として司法書士というものがあり、法律関係の仕事であるため、やはり難度の高い試験です。
しかし税理士試験は、司法書士よりもさらに難しいと言われています。
そのため、試験に合格するための学習時間も多く必要になり、5,000時間の学習は必要であるとされています。
この必要時間は、弁護士や公認会計士の時間と同じです。

こういう記念のDVDを作るっていうのが姉らしいな!

私と姉、年齢は一歳しか違わないし、顔も雰囲気もすごく似ているんです。
昔は双子によく間違われたし、でも二人共性格が全然違うからそういうのがだんだん外見にも出てきて今ではそこまで似てるとは言われません。
姉は本当に真面目で、なんでもきっちりやらないと気が済まないし、そういうとこ育児もすごく表れています。
私なんて子供の写真はデータに保存しっぱなしだけど、姉はちゃんとプリントしてコメント付でアルバムに残しています。
そのアルバムも、あの薄いフィルム剥して挟む分厚い本格的なやつです。

あと、動画もDVDにしているんようで、七五三、誕生日、運動会、卒園、といった記念ごとに作品にしています。
姉の旦那さん、DVD制作の会社に勤めているそうで、そういうノウハウがあるみたいなんですね。
その会社で制作してるの?って聞いたら、会社は大量のDVD制作するような完全に企業向けの業務みたいで個人向けにはやっていないそうです。
でも、旦那さんがそういう編集のこととかわかるのなら頼りになりますよね。
もし、作りたいのなら相談に乗るよ!って言われたけど、悪いけど私は興味ないかな(笑)
面倒くさがりなんで、動画も撮りっぱなしでSDに入りっぱなしだしね~。

高校のクラス会で聞いた子どもの留学話

高校時代のクラス会を開催する頻度は、クラスによっても違いますよね。
学校卒業直後は頻繁にすることも多いですが、結婚や出産の時期が重なると出席者も少なくなるため、開催できにくくなります。
盆・正月は帰省する人も多いから、クラス会の時期には向いているかもしれません。
しかし、実家では親戚付き合いなどもあり、自分の時間をつくることは難しいですよね。
そのような歳月を経て、子どもの成長とともに、自分の時間をつくれるようになります。
また、クラス会で話す内容も変わってくることも少なくありませんよね。
ある同級生の子どもは、オーストラリア留学の経験があるのだとか……。
オーストラリアは新婚旅行先として知られていますが、留学先としても人気なのですね。
英語習得のために向いているほか、治安がよい、費用が安いなど、いろいろと好条件が揃っているようです。
ワーキングホリデービザでの留学ができるのも、オーストラリアの魅力だとわかりました。
子どもを見知らぬ国へ送り出すのには、いろいろと不安なことも少なくありません。
それだけに、話を聞ける人が身近にいると、役に立つこともあるのではないでしょうか。

予防歯科に力を入れている歯医者をおすすめ

私たちの永久歯は28本ありますが、親知らず(4本)が生えると32本になります。
永久歯は、文字どおり一生使う大切な歯です。
そのため、虫歯などができないようにきちんとケアする必要があります。
また、虫歯などの予防は小さいうちから始めることが大切です。
ちなみに、乳歯は20本あり、徐々に永久歯に生え替わっていきます。
どうせ生え替わるのだからと、乳歯の存在を軽く考える人もいるかもしれませんね。
しかし、そのような状況で放置しておくのはよくありません。
虫歯をつくらないためにも、積極的な歯科の受診をおすすめします。
歯医者を探すときには、いろいろな条件があります。
特に、小さいお子さんが通うためには、リラックスできる空間の存在が不可欠です。
また、予防歯科に力を入れている歯医者を探すことも考えましょう。
歯医者には、小さいお子さんから年配者まで多くの人が訪れます。
そのため、キッズコーナー(キッズスペース)の設置や、バリアフリー対策を行なう歯医者が一般的ともいえます。
これらは、子どもや身体が不自由な人などを対象にしたものですが、歯医者を訪れるすべての人にとっても有り難いことではないでしょうか。