リラックスするための香り!注意点も

医療機関の受診が苦手な人は、以外と多いですよね。
なかには、近しい人のお見舞に行くのでさえ怖い、という人もいるかもしれませんね。
そのような人にとって、歯医者の敷居はとてつもなく高いものです。
かくいう私もそのひとり。
とにかく、理屈ではないのです。
悪気がなくても「小さい子でも頑張っているのだから!」と言われたら、完全に心が折れてしまいます。
このような背景もあり、歯医者への苦手意識をなくすることは、歯医者側にとっても大きな課題になります。
やはり、建物の見た目も大事ですから、親しみやすい外観を意識するほか、くつろぎやすい内装を心掛けたいですよね。
また、リラックスした空間を演出するためには、心地よい香りを用意することも必要ではないでしょうか。
香りを選ぶときは、アルファ波が出やすいことを意識しましょう。
ただし、量が多すぎるとキツく感じるかもしれません。
ちなみに、私が通っていた歯医者の香りがすごくキツかったため、その香りがするアイスクリームが食べられなくなってしまいました。
ずっと同じ場所にいると香りに慣れてしまうだけに、患者に配慮することが大事だと思います。