相続税の非課税財産とは?

相続税には課税の対象になる財産、ならない財産があるそうです。
土地や建物、現金や株券などは課税の対象になるのは明らかですが、相続税の非課税財産に該当する財産にはどんなものがあるのでしょうか?
ネットでカンタンに調べてみたところ、次のような非課税資産の例がありました。
相続税の非課税資産の代表的な例としては、お墓や墓石、仏壇、香典など祭祀関係の財産や、国や公共団体などに寄付をした財産、死亡退職金(500万円×法定相続人の数)、生命保険金(500万円×法定相続人の数)などが該当するそうです。
ちなみに相続税の納税については、申告期限10か月以内に現金一括払いで納税することになるそうです。
以前は相続税を物納や延納することができたらしいのですが、今では物納や延納は認められなくなっているそうです。
もし不動産の評価が高くても現金が少ない相続の場合は、相続税の納税をするための資金を工面するのが大変になってしまうでしょう。
相続の準備のためにもまずはどこにどんな財産があるのか、相続の前段階で調査しておくことも大切かもしれませんね。